« ハヤテのごとく! 10話 「世にも微妙なハイデフレ。ゲームは積まずにプレイしろ」 | トップページ | 天元突破グレンラガン 10話『アニキっていったい誰ですか?』 »

魔法少女リリカルなのはStrikerS 10話 「機動六課のある休日(前編)」

ようやく、物語回しがうまい『リリカルなのは』が帰ってきた感触。
どこがうまいかというと、30分という尺に対する時間の使いかただ。前作のAsあたりは際だってこれがうまかった。

『リリカルなのは』の物語回しのテンポは昭和アニメーションに近いと、個人的に思っている。
基本的に物語あたりのエピソード数はすくない。そして、OVAならアイキャッチまでのAパート(10分程度)で終わらせる展開に30分かけて、物語の結論は容赦なく次回へ送ってしまうのである。
だが、その余裕のある物語回しのおかげで、キャラクタの日常描写に時間をかけたり、細やかな人物像が浮かんでくるシーンを作ったりすることができる。今回でいうと、エリオを心配するフェイトのようなシーンは、ふつうに物語作りをするときはまっさきにはずしてしまうところだ。こういうシーンは、物語を一切進めない。
それでも、『リリカルなのは』では、物語を遅くしてでも丁寧にそれを描く。その積み重ねが『なのは』の空気感をつくりあげてゆくからだ。

戦闘をウリにしているのに、雰囲気作りに過剰に時間を投資するのが、『リリカルなのは』の芸風だったのだ。
『Strikers』ではここまでこれが見られなかったから、『なのは』のシリーズとして見ると不満だったのかもしれない。

昔(80年代前半くらいまで)のアニメーションは、そんなに物語的な大きな山や急展開はないもののほうが多かった。
せいぜい、8話にひとつ程度で、一年49話として全体で6つ程度の山があるイメージだったように思う。
この比率をAsにあてはめると、「新デバイスへの代替わり」と「夜天の書復活」のふたつが大きいヤマで、他は基本的にそこまでの前フリと、それへの締めだ。
『Strikers』も今のところ、8話で一ヤマの物語だ。つまるところ、テンポ的には今くらいの物語まわしの速度で、きちんと物語進行は印象づけられる。それはむしろ古くからある堅実な方法だ。
「物語はきちんと進んでいるんだな」とお客さんに思わせるぶん、状況がきっちり進んでいればいいのだ。実は、描くものを適切に選択すれば、本編分量の25%(本編20分とすれば5分)も物語進行に回せば、きっちり物語が進んだ話に見えるのだ。

テンポは堅いのに今回の『Strikers』の序盤が不安定だったのは、数が少ないからまちがってはいけないエピソード選定に、あきらかに違和感があったからだ。
昔のアニメですら、序盤は気合いを入れて急展開を作っていた。だいたいの体勢ができてローテーションが回りはじめるまでは、けっこう気合いを入れてテンションをあげていたのだ。
『Strikers』は、序盤で勢いをつける展開をつくらず、「勢いをつけるキャラクタが誰になるか」も明確には指定しなかった。
これだけのキャラクタ人数がいながら、役割分担に明確なメリハリをつけることを拒絶した。これは、今風のキャラクタの動かし方になる。
テンポは昭和、キャラクタの動かし方は今風だ。
だから、『なのは』の感触はなつかしく、印象は新しい。これは、他の作品と『なのは』をわける、ひとつの明確な武器だ。これを徹底して手放さないのは、制作者がよくわかって動かしているということなのだと思う。
実際、10話の”ただの休日風景なのに世界が広がっているような加速感”を出すためには、シーンのキメ止まりをあげるため、9話以前に「新人のプライベートを描く展開を描いてはいけない」。市街地を11話で戦場にするなら、市街地風景も初出のほうがお客さんの印象は強くなる。だから、首都近くに機動六課の基地があるのに、首都の市街地もこれまで描かなかった。

「あれもこれもと面白そうなものを足していく」のは、足し算的なつくり。
「全体構成の中で、できる限りキーポイントで出す情報を初出にして、要所のキメ止まりをあげる」のは、引き算的なつくりだ。
へたくそだと、引き算ができない。物語の引き算は、実際、勇気がいるし非常に難しいのだ。
よくガマンして地味な展開を7話まで続けたなとは思う。でも、勢いをつけなければいけない序盤での引き算は、ちょっと難易度が高すぎる。

きっと展開は、制作者がはじめに26話分たてた計算通りに進んでいるのだろう。
でもやっぱり、物語にエンジンをかけるまで10話もかかる(そして第一アクトを低めのテンションで引っ張り続ける)のは、効率が悪かったなとは思う。

|

« ハヤテのごとく! 10話 「世にも微妙なハイデフレ。ゲームは積まずにプレイしろ」 | トップページ | 天元突破グレンラガン 10話『アニキっていったい誰ですか?』 »

魔法少女リリカルなのはStrikers」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406396/6693353

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのはStrikerS 10話 「機動六課のある休日(前編)」:

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第10話 「機動六課のある休日(前編)」 [アニメって本当に面白いですね。]
魔法少女リリカルなのはStrikerS   現時点での評価:2.0〜3.0   [SFアクション]   テレビ和歌山 : 04/01 25:10〜   三重テレビ : 04/02 26:00〜   KBS京都 : 04/03 26:00〜   チバテレビ : 04/03 26:30〜   テレビ埼玉 : 04/05 25:00〜   東...... [続きを読む]

受信: 2007/06/07 03:38

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第10話 「機動六課のある休日(前編)」 [ネギズ]
簡易でいきたいと思います。 えー、ティアナ編から二週間後という事ですね。 [続きを読む]

受信: 2007/06/07 08:33

» (アニメ感想) 魔法少女リリカルなのは StrikerS 第10話 「機動六課のある休日(前編)」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1 毎日の厳しい訓練に耐え続けてきた、スバル達に今日は、なのはから一日お休みのご褒美。久しぶりの休日に、街へと繰り出すスバル、ティアナ、エリオ、キャロの四人だが・・・。... [続きを読む]

受信: 2007/06/07 21:46

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第10話 [ニコパクブログ1号館]
第10話『機動六課のある休日(前編)』 今回は休日です~。 久しぶりに気を抜いて見ていられそう・・・? 朝からいきなり乳揉みですか。 なんか、スゲー揉み心地よさそう。片方俺に貸してくれ フェイトって、ものすごく良いお母さんですね。 子供好きなのかな? キャロが..... [続きを読む]

受信: 2007/06/08 01:10

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第10話 「機動六課のある休日(前編)」 感想 [幻想領域 unlimited delusion the world-無限の妄想世界-]
あれ?この番組先週で最終回じゃなかったの [続きを読む]

受信: 2007/06/08 22:07

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第10話 「機動六課のある休日(前編)」 [SERA@らくblog]
ひさびさの休日の機動六課。 エリオとキャロは、シャリオのプランでデート。 ティアナとスバルもツーリング。 休息は長くは続かず…レリックを持った謎の少女が登場。 前回までの緊迫展開から一転、明るい展開。 その... [続きを読む]

受信: 2007/06/08 23:57

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第10話「機動六課のある休日(前編)」 [Hiroy's Blog]
フェイトっー! 色んな意味で覚醒しちゃいそうでした。 [続きを読む]

受信: 2007/06/09 03:35

» ■魔法少女リリカルなのはStrikerS 第10話「機動六課... [DYG0アドベンチャー]
■魔法少女リリカルなのはStrikerS 第10話「機動六課のある休日(前編)」          中々起きないティアに目覚まし代わりと朝っぱらから胸を揉むスバル・・・。う〜ん・・・、実に爽やかでイイね☆(えーーーーーとりあえず、今回はサブタイ通り、ゆ...... [続きを読む]

受信: 2007/06/09 08:08

» 戦士達が羽を休めるときなの♪(*´▽`) [いけやんのお部屋なの~♪(^▽^)]
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第10話「機動六課のある休日(前編)」 のんびりほのぼのな休日です。 ところが…… 戦士達に安息のときはないようです。 新展開にテイク・オフ!先の一件から2週間が経過しました。 いつもと同じように、スバルは当番であるティアナを起こします。 スバルのセクハラじみた胸モミモミ起こしに対し、その反応はすっかり元通りのティアナです。 (/▽\*)いやん♪ スバルもティアナも、前にも増して絆を深めたよう。エリオやキャロとも、もっと突っ込んだ話が出来る... [続きを読む]

受信: 2007/06/09 21:10

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS第10話「機動六課のある休日(前... [物書きチャリダー日記]
なのは。みんなお待ちかねの休日!ってことはサービス回!?気になるのは作画だけ??TVアニメ『魔法少女リリカルなのはStrikerSVol.3』早速感想。・・・あれ?今回前編だよね・・・?普通事件は後編の最後のように無理やり起こすものだよね??これじゃ次回が休日になら...... [続きを読む]

受信: 2007/06/10 08:48

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS [デバイス!マキシマム ブログ]
第10話 「機動六課のある休日(前編)」 前編突入。 本日の休日です。簡単に書いちゃおうと思います 。 朝からオッパイもんでます!! 赤くなるティアナは…スバルを踏みます!! ガビーン!!同性でもダメなのか…... [続きを読む]

受信: 2007/06/13 00:17

» レビュー・評価:魔法少女リリカルなのは StrikerS/第10話 「機動六課のある休日(前編)」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 20 / 萌え評価 50 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 18 / シリアス評価 11 / お色気評価 93 / 総合評価 33レビュー数 206 件  前回の出来事から2週間──すっかり日常を取り戻した機動六課フォワード陣。訓練も好調に進み、第1段階から第2段階へ。    デバイスリミッターの1段目解除に加え、なのはたちがフォワード陣に贈ったのは丸一日のお休みだった。大喜びの4人。    スバルとティアは、ヴァイスに借りたバイクで街へ。エリオとキャロ... [続きを読む]

受信: 2007/06/29 20:58

« ハヤテのごとく! 10話 「世にも微妙なハイデフレ。ゲームは積まずにプレイしろ」 | トップページ | 天元突破グレンラガン 10話『アニキっていったい誰ですか?』 »