« アイドルマスタ-ゼノグラシア 12話「ムスペルヘイム」 | トップページ | 天元突破グレンラガン 14話「皆さん、ごきげんよう」 »

魔法少女リリカルなのはStrikerS 13話『命の理由』

そろそろ本当に、魔法少女モノなのか、軍隊モノなのかわからなくなってきた
『なのはStrikers』は、すくなくとも『ガンダムseed』あたりより、確実に軍隊や軍事組織を描いている。下手をすると、そのへんの仮想戦記よりもしっかりしている。

そのくらい、今回の13話であかされた機動六課の位置づけは、見事な設定だと思う。
物語が機動六課のような特殊部隊を描くとき、背後の責任系までつくることはほぼない。つまり六課がポシャったときに誰が責任をとるのかがはっきりしているだけでも、『Strikers』は特異なのだ。
しかも、機動六課に危機感をいだくレジアス中将の立場にも、一定以上の妥当性がある。これは本当にすばらしいと思う。

物語では、たいてい、こういう独立精鋭部隊は、雲の上の人を最高責任者にすえるようなかたちでお茶をにごしてしまう。
もうひとつのパターンは、実体がよくわからない設定だけの人物を置くことだ。
ガンダムを例にすると、映画『逆襲のシャア』で、ロンド・ベル隊にかかわった”連邦政府高官のジョン・バウアー”がこれだ。ジョン・バウアーは、ロンド・ベル隊の設定を説明するために重要な位置を占める。けれど、ジョン・バウアーがどんな政治勢力と利害を背景にしているのかは、どうもよくわからないのだ。(ガンダムにそこまで詳しいわけではないので、間違っていたらすみません)

だが、現実問題から照らすと、”雲の上の人”パターンにリアリティは薄い。
現実社会では、組織はただえらい人と肩書きをキャラクタにつけるためにあるのではなく、きちんと仕事の範囲と責任範囲が決まっている。
だから、「本当に世界の存亡をかける(何百万人以上の単位の)損害が出てもケツをもてる雲の上の人」なんてものは、戦争時以外の平時には存在しない。
物語上のエース部隊が無茶をやってもOKなのは、雲の上の人が責任をとってくれるからではない。物語上そうなのだという合意がお客さんとの間にあるからだ。これが悪いわけではなく、合意の部分をどう納得させて、肝心なヒーローの活躍のジャマにならないようにするかが、雲の上パターンのみどころだ。

実体のわからない人(ジョン・バウアー)のパターンに関しては、ほぼダミーとして割り切って使われる
ブライト艦長は、物語中、ただシャアたちネオ・ジオンと戦い続けた。地上で政治活動をしている人の立場をおもんばかりながらラー・カイラムを運営しているところは、画面上に描かれなかった。
物語は戦争状態でそれどころではないのだから、お客さん的にも納得できる。

『リリカルなのはStrikers』では、この責任者のあつかいが面白い。
”実体のわからない人”であり雲の上の人でもある、伝説の三提督は、表に現れない。
かわりに、機動六課がポシャったときに責任を問われるのは、ハラオウン家のクロノとリンディさんであり、はやての恩人である騎士カリムだ。
設立に力は貸してもらった。だが、身内の首が飛ぶから、組織の中で機動六課が傍若無人に振る舞うことはできない
こういう設定への納得感をドラマに結びつけるセンスは、本当にすばらしいと思う。

ただ、ここまでしっかり社会のしがらみを描く必要があったのだろうかと考えると、かなり疑問だ。
お客さんが『リリカルなのは』に望んでいるのは、少女たちのハートフルな成長物語であって、派手な魔法バトルものだと思う。
すくなくとも、組織の論理と戦いながら、組織でしかできない事業をする青年将校のものがたりではないと思う。

機動六課と時空管理局の組織については、どうして早期にもっときちんとした説明を入れておかなかったのか不思議ではあった。
どうやら13話を見るかぎり、

  1. 機動六課がどういう性質の組織であるかという、真実。
  2. 時空管理局と周辺の政治地図上の、機動六課の位置づけ
  3. 機動六課が直面している、政治的な難題(つまり社会的な妨害者)

を、13話にまとめて一気に説明してしまうつもりだったようだ。
しかも、それらすべてが、今回のレリック事件に関わっていることを示すように、物語的に必要なパーツがそろうのを待ってだ。
たしかに、最小のことばで状況をかたることができる、効率のよい整理だったと思う。
実際、この13話で、物語は、この先の展開に緊張感をぐっと増した。新展開を告げる好エピソードだったと思う。驚きをもって見させてもらった。冒頭のアギト、ラストのはやて、同じ古代ベルカ式魔術にかかわるふたりの、『いのちの理由』のカットも印象的だった。

それでもやっぱり、疑問に思う部分はある。
今回かたられた機動六課の話は本当に、前半7話くらいまでをぬるくしても、13話まで引っ張らないといけないことだったのだろうか?

『リリカルなのはStrikers』は、前作までと同じ家族と友だちの話なのか、それとも社会の話なのか。
いったいどこに着地するつもりなのか、狙ってか狙わずか、観客を迷わせる13話だったと思う。

|

« アイドルマスタ-ゼノグラシア 12話「ムスペルヘイム」 | トップページ | 天元突破グレンラガン 14話「皆さん、ごきげんよう」 »

魔法少女リリカルなのはStrikers」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406396/6953908

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのはStrikerS 13話『命の理由』:

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」 [アニメって本当に面白いですね。]
魔法少女リリカルなのはStrikerS   現時点での評価:2.0〜3.0   [SFアクション]   テレビ和歌山 : 04/01 25:10〜   三重テレビ : 04/02 26:00〜   KBS京都 : 04/03 26:00〜   チバテレビ : 04/03 26:30〜   テレビ埼玉 : 04/05 25:00〜   東...... [続きを読む]

受信: 2007/06/28 02:18

» 竹内結子、YUIの生歌にうるうる [WOOW]
"公開中の映画「サイドカーに犬」で主演を務めた竹内結子が、同作品の楽曲を担当した [続きを読む]

受信: 2007/06/28 02:50

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 [パズライズ日記]
無くしてしまったもの 起こってしまった出来事 過ぎ去っていった過去の時間は 変えることが出来ない だから、失いたくないと思う 守りたいと思う 守るために、強くなりたいと思う 選んだのは 戦って勝ち取っていくこと 見えない未来を 望んだ形に変えて....... [続きを読む]

受信: 2007/06/28 05:39

» ハヤテもまさか・・・ 魔法少女リリカルなのはStrikers 13話「命の理由」 [失われた何か]
冒頭のアギトの注射シーンとその悲鳴はいくらUHFの深夜とは言えエロ過激だった。 なのは達が保護した謎の少女の名前はヴィヴィオだった。 保護したのをどっかの施設に預けたら逃げられて、なのはさんが見つけたのだけれ... [続きを読む]

受信: 2007/06/28 06:53

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」 [ネギズ]
えー今日も感想書いていきますよw 今回は、アギトの過去話。 [続きを読む]

受信: 2007/06/28 09:14

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS第13話命の理由 [翔太FACTORY+Zwei]
「失くしてしまった物。起こってしまった出来事。過ぎ去っていった過去の時間は変える事ができない」「だから失いたくないと思う、護りたいと思う。護る為に強くなりたいと思う」「選んだのは戦って勝ち取っていく事。見えない未来を望んだ形に変えていく事」「魔法少女リ...... [続きを読む]

受信: 2007/06/28 15:17

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」 [かがみのひだまり日誌]
今週の作画はすばらしい! さすがは奥田氏が亡き今、なのはSSのメインアニメーター的な立場にいる小森さんだ。 というか、奥田さんは版権絵しか描かないのですか・・・(´・ω・`) アギトの回想から今回は入ります。 ... [続きを読む]

受信: 2007/06/28 18:11

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS [まるとんとんの部屋]
第13話 『命の理由』    おやおや、今回は「アギト」の話です、研究所をどうやら襲った、 「ルーテシア」と「ゼスト」、結果的に「ゼスト」が助け、「ルーテシア」が 仲間に加えたって所でしょうか? ってか、... [続きを読む]

受信: 2007/06/28 21:23

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 [まいなーわるつ]
『命の理由』 アギトは自身の過去を夢に見ます。 それは実験体として拘束されて続け辛い生活を強いられていた時代の事。 そして、その地獄から救済してくれたルーテシア達の事。 [続きを読む]

受信: 2007/06/29 18:57

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」 [SERA@らくblog]
予言された破滅の未来、戻せない過去…失われたもの…。 残された者は、見えない未来を探るしかない。 望む明日を勝ち取るために… 大事なものをもう無くさないために… アギトは同じチミッ子のリインにライバル宣言(笑... [続きを読む]

受信: 2007/06/29 19:26

» (アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
魔法少女リリカルなのはStrikerS The Comics (1) 生まれた時のことなんて覚えてないし、人間で言う親・マイスターが誰かなんてことも私は知らない。ただ静かに・・・随分長い間眠ってただけ。気がつくとそこは地獄だった・・・。... [続きを読む]

受信: 2007/06/30 01:46

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話「命の理由」 [ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜]
う〜ん、今回の引きは凄く意味深だった気がするかな。 はやてにちょっとばかし嫌なフラグが立ってた気がするんですが、これは一体どうなってくるのでしょう? 魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ02アニメ キングレコード 2007-07-18売り上げランキング : 14...... [続きを読む]

受信: 2007/06/30 15:10

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 命の理由 [礎 -ishizue-]
八神 はやて あんな悲しみとか後悔なんて、この世界の誰にも、あったらあかん。私の命はその為に使うんや。 なのははもはや少女ではない。これは始まった頃からの共通認識であると思うのですが... [続きを読む]

受信: 2007/06/30 22:38

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」 [ゼロから]
アギトは、本物の古代ベルカ式融合ディバイスだったのですね。実験施設が焼かれ(ゼストとルテーシアの仕業でしょうか。)救い出されたアギト。ルテーシアの一言が無ければ、捨て置かれた存在。なんて、不憫なのでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2007/07/01 13:38

» レビュー・評価:魔法少女リリカルなのは StrikerS/第13話 命の理由 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 20 / 萌え評価 57 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 18 / シリアス評価 72 / お色気評価 14 / 総合評価 32レビュー数 164 件 アギトは自分の過去を夢に見る。 それは数年前、研究組織で実験体として扱われていた苦難の時代の記憶だった。 施設襲撃を行ったゼストとルーテシアによって救出され、ルーテシアの温情によって 二人に同行することになったアギト。創造者である「マイスター」の記憶も、心と魂を 預ける融合相手である「ロード」も持たない... [続きを読む]

受信: 2007/07/12 13:45

« アイドルマスタ-ゼノグラシア 12話「ムスペルヘイム」 | トップページ | 天元突破グレンラガン 14話「皆さん、ごきげんよう」 »