« 魔法少女リリカルなのはStrikerS 11話 「機動六課のある休日(後編)」 | トップページ | (映画)「ブレイブ ストーリー」 »

魔法少女リリカルなのはStrikerS 12話 『ナンバーズ』

12話は、11話のもっさり感は何だったんだという『なのは』らしい盛り上がり。
特に、物語上オーバーパワーな機動六課に対して、中将という拘束要素がようやく出てきてくれたことが、物語を緊迫させてくれた。中将の懸念の理由も、現状、筋が通っていてよい感じ。
物語を約50%消化して出てくるのは、いくらなんでも遅すぎると思うのですが。

13話も、予告編をみる限りでは、これまでかくしてきたルーテシアまわりの話をあかす、重要な話になるようだ。

ここまで見てきて思うのだけれど、『Strikers』は、26話をおおきくAパート/Bパート的にわけて、物語を作る前半と急転させる後半にきれいに整理している様子だ。
実際、これは『ミッドポイント』というシナリオ上よく使われる概念をきれいに踏んでいるわけで、物語構造上理にかなっている。

ミッドポイントについては、親切に解説してくれているサイトがウェブ上に見あたらなかったので、すこし専門用語を使っている説明をお借りします。(でも、簡潔によくまとまっています:原文には文字修飾なし。一部記述をカット。すみません)

第2幕でもっとも重要なのは、P60前後の「ミッドポイント」である。60ページ目という位置は、P31~90にかけて書かれる第2幕の中心であると同時に、全120ページのシナリオの中央部分でもある。ここに、ストーリー全体の流れを大きく変える重要な事件を配置する

「ミッドポイント」の前後にあたるP45とP75付近には、「ピンチⅠ」と「ピンチⅡ」と呼ばれるエピソードを盛り込んでいく。
ピンチはストーリーを本来の流れから脱線させないために有効だ。ピンチⅠはミッドポイントを活かすための伏線である。ピンチⅡにはミッドポイントのエピソードと直接関連して、それを補い、掘り下げるような挿話を書くとよい。

引用元--やさしい文章講座-文章の書き方・小説の書き方教えます!

用語がならんでいるけれど、つまり『第2幕』というのは、物語全体を大きく3分割したうちのふたつ目。第2幕の前にはもちろん第1幕が置かれているわけで、この1幕と2幕の間の切れ目を作るのが、後述されている『ピンチⅠ』になる。
『ミッドポイント』は、アニメでいうと、アイキャッチ(CM前後)の前に派手な展開があるようなヤツ、基本的にはあれのことだと思っていい。

『なのは』のシナリオはこういうところに本当にセンスが良くて、『ピンチⅠ』にあたる8~9話(つまり魔王なのはさん降臨、新人シメられる)で成長させたティアナに、12話で幻術を使って活躍させている。
これは、ピンチⅠ~ミッドポイントへと流れるセオリーに、忠実にそっている。これだけキャラクタがたくさん動き回っている12話で、物語が最低限度のまとまりを持っているのは、この流れのおかげだ。

これは、たとえばもエリオやキャロがこのはかりごとをしていたらと考えてみるといいと思う。
変化はまちがいようのないものになると思う。”ティアナ以外のキャラクタはまだ物語にドラマらしいドラマを積めていない”から、よくやったとかがんばったと観客の心が動きづらい
12話の全体印象として、なのはたちばかり目立って、新人がいらない子に見えてしまったはずだ。
だから、12話でナンバーズに一矢むくいる新人側の見せ場はティアナがベストだったし、先輩の貫禄を見せる(砲撃のピンチから仲間を救う)のはなのはがベストだった。先輩キャラクタの象徴はやっぱりなのはなので、なのはが活躍してくれないと観客的にさびしいのだから。

12話の物語は、この2つ(なのはの砲撃阻止・ティアナのはかりごと)の展開が中心になって、複雑な話に一本の強い流れをつくっている
目立たないところの基本が、物語が転倒しないように支えているのだ。『なのは』スタッフの、この要所を外さないセンスは、本当に素晴らしい。

逆に、これだけセンスがある作り手の物語が、なぜここまでの前半もっさりして見えているのか、ずっと気になってしかたがない。
13(or12)話構成のアニメが市場に多く、13話構成のテンポで進む物語を見慣れた身としてはのんびりして感じるせいもあると思う。
最近は、26話の全構成から、各話へのエピソード配置を計画的にしすぎたということなのかと思うようになってきた。
11話と12話を見比べて感じるのだけれど、『Strikers』は、構成上で盛りあげがちいさくなる話を、はっきり切り捨てすぎだと思う。捨てるところを捨てるのはメリハリだ。けれどある程度、一話あたりの見どころと交換だと、わりきるものなのではないだろうか?
(最近だと、今週のグレンラガン12話も、物語の流れから切り離された、明確な捨て回だった。それでも、四天王アディーネとニアの髪のおかげで、そう見えなくなっているわけで。)

本当に『なのはStrikers』は、おもしろいけれどつくりが手慣れていないというか、変なところで書きたい衝動を刺激する。
たぶん、個人的には好きだということなのだと思う。

|

« 魔法少女リリカルなのはStrikerS 11話 「機動六課のある休日(後編)」 | トップページ | (映画)「ブレイブ ストーリー」 »

魔法少女リリカルなのはStrikers」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406396/6853182

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのはStrikerS 12話 『ナンバーズ』:

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第12話「ナンバーズ」 [ネギズ]
今回は、凄いバトル展開でしたね。 自分はバトル戦闘の話し大好きなんで、今回は燃えましたよ!! [続きを読む]

受信: 2007/06/20 19:32

» (アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第12話 「ナンバーズ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1 ケースの回収に向かった先で、スバル達の前に姿を現したのはルーテシアとガリュー、そしてアギトだった。始まる激しい戦い・・・だが、寸前のところでルーテシア達を取り逃がしてしまう。一方、ヘリの元へと急ぐなのはとフェイト。....... [続きを読む]

受信: 2007/06/20 19:37

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 12話 『ナンバーズ』 [欲望の赴くままに…。]
なのは「真打ちは美味しい場面で登場するんだよ」  流石は主役です!本当に美味しい場面で登場してくれましたwもうタイミング的に完全アウトだと思ってたのに…直前で限定解除が間に合ったようですね。  今回... [続きを読む]

受信: 2007/06/20 19:51

» 魔法少女リリカルなのは StrikerS 第12話「ナンバーズ」 [SERA@らくblog]
勝利のアイテムはキャロの帽子♪(笑) 機動六課の前に次々と現れるナンバーズ。 レリックを巡り事態は二転三転する。 魔法の応酬…お互い出せるカードをぶつけあい、最後に勝利を得たのは――? こーいうのが見たか... [続きを読む]

受信: 2007/06/20 20:16

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第12話 「ナンバーズ」 [かがみのひだまり日誌]
やるじゃないか新人達! 休日になるはずだったこの日の事件も、ようやく終止符が打たれます。 敵さんとの戦いが続く新人たち。 レリックケースの確保が優先なので、じりじりと撤退しながら相手をひきつけます。 ... [続きを読む]

受信: 2007/06/20 20:34

» 一番市街を破壊しているのは、はやてさん率いる機動六課だと思いました。 魔法少女リリカルなのはStrikerS感想 第12話感想 〜ナンバーズ〜 [日がな一日ラらラら日記]
今回は先回に引き続いて、「小さな女の子」は、悪い事をしてるけど、悪人ではなく、「救うべき対象」として描写されています。アギトさん「あいつらだって、局員とはいえ、潰れて死んじゃうかもなんだぞ!」 来週は、第10話... [続きを読む]

受信: 2007/06/20 20:53

» アニメ感想 〜魔法少女リリカルなのはStrikerS 第12話〜 [紅日記〜ベニッキ〜]
ナンバーズ 無条件にスパロボを連想したのは私だけ?? 前回の続き、アギト達との戦闘シーンからスタート 敵さんも弱いことはないですが粋がっていた割には・・といった感じでしょうか そこにヴィータとリィン合流。軽く死亡フラグw StrikerSがちゃんとしたなのはデビューの私にとってリィンが戦っているのが新鮮と同時に驚き(;゚Д゚) そしてヴィータ、やはり強いです。とゆーか六課が強過ぎです。 しかしながら見事に逃げられてますが(^^; まぁここで捕まえたら話..... [続きを読む]

受信: 2007/06/20 21:51

» アニメ感想 〜魔法少女リリカルなのはStrikerS 第12話〜 [紅日記〜ベニッキ〜弐号館]
ナンバーズ 無条件にスパロボを連想したのは私だけ?? 前回の続き、アギト達との戦闘シーンからスタート 敵さんも弱いことはないですが粋がっていた割には・・といった感じでしょうか そこにヴィータとリ... [続きを読む]

受信: 2007/06/20 21:52

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS [まるとんとんの部屋]
第12話 『ナンバーズ』   おやや? 「ナンバーズ」って優秀な遺伝子と後天的に能力を付加させて、 優秀な魔道師を作るのがもくてきなんですよねっ、 って事は常識的に考えれば新人達レベルよりちよっと上の 存在よりも、「... [続きを読む]

受信: 2007/06/20 21:54

» 白い魔王なのは! 魔法少女リリカルなのはStrikers 12話「ナンバーズ」 [失われた何か]
今回も前回から引き続いてるバトル回。 レリックを奪い返すために、敵側も「ナンバーズ」という集団が登場。 ただ「ナンバーズ」の面子が何人も出てきたので、物凄くびっくり! 敵側だけで5人とかの数の新キャラを投... [続きを読む]

受信: 2007/06/20 22:45

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第12話 「ナンバーズ」 [アバトーンの理想郷]
今回は見所満載! 最初からバトルがガンガンあり、ついになのはがあの姿を披露! さらには、三人の大魔法も炸裂!! それにしても新キャラ達出過ぎである(^^;) [続きを読む]

受信: 2007/06/21 00:07

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS第12話ナンバーズ [翔太FACTORY+Zwei]
「謎を抱いて現れた小さな女の子と彼女と鎖で繋がれたレリック。それを求めて動き出す影」「空で踊るガジェットと幻惑の使い手。地下に降り立った召喚師とその仲間達」「立ち向かう為の力、みんなはちゃんと持っている…護り抜く為に迷わず戦えるように」「魔法少女リリカ...... [続きを読む]

受信: 2007/06/21 14:06

» 第12話 ティアは、リーダーとして目覚めました [睡魔と戦うのって大変だ]
第12話『ナンバーズ』 その感想です [続きを読む]

受信: 2007/06/21 18:26

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第12話 「ナンバーズ」観賞〜^^ [まごプログレッシブ:Part2〜Scenes From A Memory〜]
久々に魔法少女だった!!\(^O^)/ 第12話を観賞しました〜^^ [続きを読む]

受信: 2007/06/22 08:51

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS #12 『ナンバーズ』 [デバイス炸裂!]
やっぱりなのはさんとフェイトさんが敵と戦ってこそですね。 そしてデバイスはやはり杖の方が萌える。 レイジングハートとバルディッシュが活き活きと喋るのも久し振りなんじゃないですか。 でも、まだ 「敵と戦ってる」 って感じがしないです。 多分、派手さが不足し....... [続きを読む]

受信: 2007/06/22 22:34

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第12話「ナンバーズ」 [Hiroy's Blog]
連携攻撃。 その強さはぬかりないですね [続きを読む]

受信: 2007/06/23 05:59

» 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第12話 [あしゅの気まぐれブログ]
第12話「ナンバーズ」 全体的に話が上手くいき過ぎてて、ちょっとムカつくんですけど ていうか臭くないですか? それにしても使い回しすごいなw [続きを読む]

受信: 2007/06/24 01:50

» レビュー・評価:魔法少女リリカルなのは StrikerS/第12話 ナンバーズ [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 18 / 萌え評価 20 / 燃え評価 25 / ギャグ評価 21 / シリアス評価 42 / お色気評価 14 / 総合評価 24レビュー数 164 件 地下水路では、ルーテシア一行とフォワード隊の戦闘が続いていた。 ガギューとアギトの能力に押されながらも、任務であるケースの確保を 行ったまま脱出を試みる。そこにヴィータ・リインフォースIIのコンビが 救援に駆けつける。  逃走したルーテシア一行は地上に脱出、ルーテシアは召喚虫「地雷王」の ... [続きを読む]

受信: 2007/06/27 11:58

« 魔法少女リリカルなのはStrikerS 11話 「機動六課のある休日(後編)」 | トップページ | (映画)「ブレイブ ストーリー」 »